新着情報

2022年度 CUBE甲子園大会のお知らせ

≪大会要項≫
大会名: 2022 CUBE甲子園大会
主催:株式会社スポーツリンク、株式会社フリーダム
協力:KUSA1、関東審判倶楽部、一般社団法人アスリートフィールドネットワーク
競技種目:軟式野球
募集チーム数:土曜32チーム、日曜32チーム
※定員に達し次第締め切り。
大会形式:トーナメント戦
エントリー費:20,000円
対戦費用:毎試合1チーム8,000円負担
※代表決定戦までの費用はチーム負担となります。
※甲子園決勝戦の費用は大会運営側が負担
エントリー期間:8月10日(水)〜9月30日(金)
組み合わせ抽選会:10月1日(土)18:30〜
甲子園決勝出場条件:【土曜の部】、【日曜の部】の優勝チームが甲子園球場にて行います。
【エントリーはこちら】
https://form.run/@cubeleague–new-entry2022


《大会日程》
【土曜の部】※32チーム想定
1回戦10月15日(土)
2回戦・3回戦10月22日(土)
準決勝・代表決定戦10月29日(土)
甲子園決勝:11月30日(水)
決勝会場:阪神甲子園球場
※参加チーム数によっては日程変更の可能性あり。
【日曜の部】※32チーム想定
1回戦10月16日(日)
2回戦・3回戦10月23日(日)
準決勝・代表決定戦10月30日(日)
甲子園決勝:11月30日(水)
決勝会場:阪神甲子園球場
※参加チーム数によっては日程変更の可能性あり。


≪予選開催グランド≫
予選のグランドは大会運営側で提供致します。
下記のグランドで試合を実施致します。
※試合時間、エリアの希望はできませんので予めご了承ください。
【開催グランド一覧】
多摩川緑地野球場、ガス橋緑地野球場、富士見球場、小田球場、大師球場、池上新田球場、桜川球場、中瀬第2球場、御幸球場、上平間球場、天神グランド、等々力運動広場野球場、等々力球場、とんび池野球場、多摩スポーツセンター野球場など


≪大会規定≫
(1)チーム参加資格
(財)日本野球連盟、(財)全日本大学野球連盟、(財)日本高等学校野球連盟に加盟していない、神奈川県・東京都・埼玉県・千葉県のエリア内での対戦が可能な軟式野球チーム。
(2)グラウンドルール、マナーについて
・ユニフォーム着用の身だしなみは徹底し、万が一(帽子、ベルトなどを)忘れた場合は出場していない選手に借りるなどして、ユニフォームを着用すること。
・相手チームへの選手、審判員へのヤジは禁止とする。
・審判員の指示に従う事。従わないチームは失格とする。
・会場施設を破損した場合、修繕にかかる費用は当事者の負担とする。
・その他大会規約に違反した行為が発覚した場合は審判員及び事務局の判断で失格、退場とする場合もある。
・ベンチ内での喫煙は禁止します。施設指定場所の喫煙所で喫煙をしてください。
・試合中に出たゴミ・吸い殻等は必ず持ち帰り、場内美化を心がけてください。
(3)登録メンバーについて
・登録メンバーの選手名(フルネーム)及び背番号は大会ホームページ内で公開します。
・登録メンバーは監督、コーチ、マネージャー、選手、スタッフ、応援者を含む34名まで登録が可能です。
※登録されていないメンバーは安全面を考慮し、原則ベンチに入れませんのでご了承ください。
・背番号は『00〜99』まで登録可能です。
・背ネーム付きでのユニフォームも出場可能とします。
・参加資格がない『(財)日本野球連盟、(財)全日本大学野球連盟、(財)日本高等学校野球連盟』に加盟しているチームに所属している選手でも、個人として参加する場合は登録可能です。
≪メンバー登録≫
下記の手順に沿ってメンバー登録を行ってください。
1.メンバー登録を下記の登録フォームから申請をお願いいたします。
メンバー登録はこちら
2.メンバー登録の確認が取れ次第、順次大会公式HPのチーム紹介に更新させて頂きます。
3.大会公式HPのメンバー登録をご確認のうえ、間違いがないか確認し、間違いがあれば、大会開幕までに大会本部までご連絡ください。大会開幕後のメンバー変更は不可とします。


≪試合規定≫
(1)試合日程・時間帯について
・試合実施日 土曜の部:土曜日、日曜の部:日曜日
・試合時間  9:00~19:00の間
(2)試合時間について
90分7回制※75分を超えて新しいイニングに入らない
【例】⇒09:00〜11:00グランド利用の場合
08:50~メンバー表交換、攻守決め
09:00〜グラウンド入場、アップ、キャッチボール
09:10〜試合開始
10:40〜試合終了、グラウンド整備
10:50〜グラウンド退場
※前の枠の試合状況等によっては前後する可能性はありますが基本的には上記のタイムフローを目安とします。
(3)試合ルールについて
・ルールは公認野球規則に準ずる。
・グラウンドルールに関しては、当該審判員の判断による。
・その他、球場等のローカルルール等、別途定めるルールに準ずる場合もある。
(4)メンバー表提出について
・当日出場する選手をメンバー表に記載し、試合開始時間10分前までにメンバー表交換と攻守をじゃんけんで決めます。
※メンバー表は大会本部へ3部提出すること。(審判用、相手チーム用、大会本部用)
 ※両チームの代表者はメンバー表提出前に、大会ホームページ記載のメンバー登録と照らし合わせ必ず確認をすること。
 ※試合開始後に出場メンバーの不備が発覚した場合の報告は無効とする。
・メンバーの記載は必ず選手登録されている選手をメンバー表に記載すること。
・助っ人を使用する際は、メンバー表の背番号欄に(助)と必ず記載すること。
・メンバー表に記載されていない選手の出場は認めない。
・万が一、遅れて参加するメンバーがいる場合は、メンバー表交換時にその旨を相手チームに報告し、メンバー表に記入すること。
(5)引分けの場合について
※7回終了時点かつ試合時間の終了30分前で同点の場合、サドンデス方式で決定する。(ノーアウト1塁2塁で攻撃継続。)
※サドンデス方式でも勝敗が付かない場合は、両チーム最終回出場選手9人で5勝先取勝利じゃんけんで決定する。
(6)コールドゲームについて
3回時点で10点差、4回以降7点差以上が付いた場合をコールドゲームとする。
ただし、決勝戦はコールドゲームは無効とする。
(7)指名打者制度について
・指名打者制の起用は投手のみとする。
・10人以上の打順起用は不可とする。
・指名打者を解除し、投手が他の守備につく場合は先発投手が打順を引き継ぐこととする。
・指名打者として先発した選手が守備位置についた場合、指名打者制は消滅し、指名打者として先発した選手は自分の打順を継続、投手は退いた守備者の打順を引き継ぐ。
(8)臨時代走について
・打者及び走者が不慮の怪我等で走者になれない場合、臨時代走の起用を可能とする。
・代走者は投手、捕手を除く打順の一番遠い選手とする。
・代走者がアウトになるか、得点するか、またはイニングが終了するまで臨時代走は継続する。
・攻撃が終了しても負傷選手が出場できない場合は選手交代とする。
・臨時代走者に代わって別の代走を送ることはできるが、負傷選手に代走が起用されたことになり、負傷選手は以後出場できない。
(9)審判について
・予選 1人制
・代表決定戦 2人制
・甲子園決勝戦 4人制
※全試合、大会本部側で手配致します。
(10)用具について
・試合球
全試合大会本部から毎試合4球ご用意致します。(ケンコーボールM号球を使用)
※試合中のホームラン、ファールなどでボールが紛失した場合はその都度、紛失させたチームから持ち出し補充をすること。(補充された試合球は試合終了後返却します。)※新古球可
・防具
打者、ネクスト打者、走者は、必ずヘルメットを着用すること。
※コーチャーもヘルメット着用を推奨するが、本大会においては必ず着用ではない。
捕手は、マスク、レガ-ス、プロテクターを着用すること。
・バット
金属バット(木製バット)は、市販されている規定品である事とする。
天候上、使用危険と審判団が判断した場合は、金属バットの使用を禁止する場合もあります。
ビヨンドマックスなどの複合素材で出来たものも使用可能。
※球場によっては金属バットの利用が出来ない場合もあるので、その場合は事前に大会運営側からご案内致します。
・その他道具
投手は帽子にサングラスを掛けての投球は禁止とする。但し、直接サングラスを掛けての投球は許可する。
エルボーガード、レッグガード、フェイスガードの装着は可能とする。
(12)助っ人起用について
助っ人選手を起用する際は、メンバー表の背番号欄に (助)と必ず記載すること。
3名まで
※助っ人選手の投手起用は禁止。
※原則、助っ人のメンバーはユニフォームを統一し着用すること。
(13)雨天中止について
・雨天に伴う試合実施の可否が不明な場合でも大会公式Twitterもしくは大会公式LINEで発表がない限り必ず試合開始時間までに集合するものとする。
・試合実施可否発表予定は試合開始予定時刻90分前までとします。
但し、8:00~9:00試合開始予定の試合は球場管理者と早朝に連絡が取れないため、発表がない限り集合するものとする。
・雨天等の理由により試合が中止と判断され、日程調整が必要な場合は大会全体のスケジュールに影響がない範囲で大会本部が調整し決定・通達する。
・大会本部、球場への試合開催の有無のお問い合わせはご遠慮ください。
(14)不戦敗について
以下の場合、該当チームを不戦敗とします。
・ 試合開始時刻までにユニフォームを着用した選手が9名揃わなかった場合。
※【例】⇒09:00〜11:00グランド利用時間の場合
09:10の試合開始までの時間とする。
・グランド利用時間までにメンバー表提出が出来なければ不戦敗とします。
※【例】⇒09:00〜11:00グランド利用時間の場合
09:00までの時間とする。
・ 試合途中に怪我等でスターティングメンバーの人数を維持する事が出来なくなった場合。
・ 対戦日決定後、試合日6日前以降に対戦をキャンセルした場合。
・その他大会規約、大会要項などに違反した場合。
(15)試合の実施に関して
・グラウンド整備は両チームで協力して行うこと。試合会場の後片付けや、ホームランボールやファウルボールなどの回収は、両チーム協力の元行う。
・その他、球場等のローカルルール等、別途定めるルールに準ずる場合もある。
(16)警告試合について
・相手チームおよび選手に対しての行き過ぎた言動が見受けられた際、 審判員による注意後にも改善が見られない場合には、審判員と大会スタッフ双方の 協議のもと警告試合を発動することとする。
※行き過ぎた言動に値する行為例
恫喝的行為、相手を揶揄していると判断できる野次および暴言
・警告試合発動の時点で、当該選手においては即刻退場処分とする。(次の試合からは出場可)
・選手の退場により、試合の続行に必要な人数を維持できなくなった場合、当該チームは不戦敗扱いとする。
・警告試合となった試合は、大会ホームページへ内容を掲載するとともに、本大会全体へ詳細を開示することとする。
・チームとして二度にわたる警告試合を確認した際には、その試合をもって本大会または関連する大会から即刻除籍することとする。
・上記に伴い、連帯責任として、次年度以降の当該選手が所属するチームの本大会または関連する大会を一切受け付けないこととする。


≪その他≫
(1)試合後のインタビューについて
・毎試合終了後、勝利チームから1名をヒーローインタビューを撮影します。
・インタビューされた映像または写真は、大会公式HP、SNS等にて掲載されます。
※出演を希望されない選手は、大会スタッフに事前にお申しつけください。
(2)参加チーム選手の個人情報や肖像について
・参加チームの試合の模様は、当ホームページや各メディア媒体で掲載される場合があります。
・主催者は選手の個人情報や肖像を当大会の運営目的以外では使用しません。
(3)その他
・大会中に発生した事故・傷害・トラブル・野球道具の損傷に関して主催者は一切責任を負わない。
・主催者からの諸連絡は、代表者に電話、LINE、メールなど、各々が可能な連絡手段にて行う。
・本規約に明記する以外の事項については、本年公認野球規則・公益財団法人全日本軟式野球連盟発行の競技者必携に定める規則、取決め事項を準用し、大会運営本部により決定する。
・大会の運営に関して、当規約に明記されていない事項を決定しなければならない場合は、その決定は主催者が行う。
・ 自己都合による申し込み後のエントリーキャンセルはできないものとし、如何なる理由においても参加申込み後の参加費の返還は行わない。
・ 大会参加中はスポーツ保険に加入するなど、各チームの責任において万が一に備えることとする。

LINEで簡単に
お申し込み&お問い合わせ

CUBE LEAGUEのことで気になることがあれば、LINEにてお問い合わせください。
24時間以内に、CUBEスタッフが返信させていただきます。

お問い合わせはこちらから

© CUBE COMMUNITY.
All Rights Reserved.